【充電アイテム】USB・シガーソケット充電器をバイクに取り付け

【充電アイテム】USB・シガーソケット充電器をバイクに取り付け

9月に入り今年も3分の1が終わって、残り4ヶ月となってしまいました。

12月は寒くてツーリングどころではなくなるので、実質バイクシーズンは残り3ヶ月と言ったところしょうか。

あと何回ぐらいツーリングに行けるかな。( ̄ー ̄?)

10月には年に一度のビックイベント!リフレッシュ休暇があるので、今年も九州ツーリングを予定しております。

USB・シガソケも同時充電「ニューイングDCステーション」購入

去年も「九州キャンプツーリング」に行ったんだけど、初めての経験で色々反省点も多かった。

その反省点の1つにスマホやデジカメの充電の問題があります。

ニューイングDCステーション

それで早速アマゾンでポチッとな~w

今回購入したのはニューイング(NEWING)のDCステーションというバイク用の充電器。送料込みの2,000円弱だったよ~ん。

USB・シガーソケット充電ニューイングDCステーション

USBとシガーソケットの充電ができる優れもの。

付属品は
①DC1ステーション本体
②本体をバイクに固定する道具(2種類)

内容物はたったのこれだけ!

ニューイング(DCステーション)

これがDCステーションの本体

ステーションのステー

これはDCステーションの本体をバイクに固定する道具。

DCステーションの付属物

これは両面テープで本体をバイクに固定する道具。

DCステーションのヒューズ

ショート防止の為、配線の途中にはヒューズが仕込んであります。

ギボシとエーモンの平型ヒューズ

そして、追加で「ギボシ」と「エーモンの平型ヒューズ10A」このヒューズを購入したのは、DCステーションをバッテリー直付ではキーをONにしていない状態でも通電してしまうので、もしバイクを止めた時に充電を外すのを忘れてしまうとバッテリー上がりの原因になってしまうからです。

USB・シガソケ充電器「ニューイングDCステーション」をバイクに取り付け

それでは早速DCステーションをバイクに装着してみます。

USB・シガソケ充電器のステー取り付け

まずはバイクのハンドルにDCステーションを固定する土台を取り付けます。

色々迷ったのですが、ハンドルの左側に取り付けることになりました、スマホホルダーがあるので場所が他になかった。

DCステーション本体

そして土台にDCステーション本体を装着、取り付けは簡単ワンタッチです。

本体の取り付けはこれで終わり、後は配線だけです。

配線自体は難しくないんだけど、その配線を何処には這わすかが面倒くさいところです。

結束バンド

そのままだと配線がビロ~ンってなっちゃうので、結束バンドをホームセンターで購入。

170円前後でで20本ぐらい入ってます。

ハンドル部分を固定

まずはハンドル部分の配線を固定します。

CB400SS椅子の取り外し

ここからが少し手間がかかりました。

まずはCB400SSのイスを取り外します、。載工具の六角レンチで両サイドのネジを取り外せば、イスは簡単に取り外せます。

CB400SSタンクの取り外し

タンク外しはこの中央のネジ一本だけ、ネジを外してタンクを後ろにズラすようにすれば外れます。

この時に注意なんだけど、タンクとエンジンがゴムホースでつながっています。タンクを外した時にそのホースが外れてしまうとガソリンがドバドバと流れてしまいます。

ワタクシの場合は近くにベンチがあったので、その上にタンクを置いてホースを外さずに作業しました。

タンクを外したCB400SS

タンクを外したCB400SS、開けてみるとけっこう汚れてますな~。今度ヒマがあったら綺麗にしよう。。。たぶん忘れるんだけどw。。。

CB400SSに配線取り付け

タンクを外してボディーの左側に一箇所配線を固定。

取り付けの際の注意は、配線がエンジンに当たらないようにする事。エンジンは高温になるので、配線が当たると簡単に溶けてしまいます。

USB・シガソケ充電器の配線2箇所目

そして二箇所目はボディーの右側に配線を固定。

CB400SSのサイドカバー

そして車体左側のサイドカバーを車載工具を使って取り外し。

カバーを取り外すと、バッテリーが顔を出します。

プラスの方の配線

DCステーションからの配線には「プラス(+)=赤」「マイナス(-)=青」の端子があります。この赤い方のプラス(+)端子を平型ヒューズを使用するために少し細工してあげます。

ギボシの取り付け

細工と言っても配線をちょん切って、ギボシを取り付けるだけの簡単な作業です。

難しそうに思うけど、やってみると以外と簡単。

エーモン平型ヒューズ

ギボシを取り付けたら、エーモンの平型ヒューズの方にもギボシのメスの方が付いているので、今取り付けたオスの方を差し込みます。

もしもの雨の時の為に絶縁テープとかで巻くと良いかも。

CB400SSのヒューズ

このヒューズをCB400SSに取り付けるわけなんですが、CB400SSのヒューズの場所はバッテリーの左横にあるボックスの中です。

CB400SSのヒューズ

ボックスの蓋の裏にどのヒューズがなにのヒューズか書いてあります。

どこに挿したらいいんだろう?w

CB400SSのヒューズを取り付け

ワタクシの場合は一番使用しないホーンのヒューズに取り付けました。ホーンはまったく使わないので、いざヒューズがぶっ飛んでホーンが使えなくなっても困らないからです。

最後にバッテリーに配線の取り付け「青色の端子はマイナス(-)極」をつなげます。

後は取り外した「タンク」と「イス」と「サイドカバー」を取り付ければ作業は終了。

配線の長さを心配だったけど、CB400SSにはピッタリの長さでした。

充電画面

動作確認でつなげてみたけど、特に問題はなし。

よし!これで準備が一つ完了したぞ!(゚∀三゚三∀゚) ヤター!

USB・シガソケ充電器DCステーション

DCステーションの取り付け後書き

今回この記事は公開してから一度非公開にしています。

はじめDCステーションをバッテリーに直付けした記事を書いたのですが、コメントでその付け方で大丈夫?(バッテリートラブルを心配して指摘してくれた。)

とツッコミを頂いたので、色々調べてから書き直すことにしました。

DCステーションの説明書

DCステーションに付属していた説明書では、バッテリー直付けでも問題は無さそうだけど。。。Yahoo知恵袋とかではバッテリーが上がってしまったとかいう書き込みがw

本体にヒューズもついているので、負荷がかかってもショートの心配は無いと思う。

ただネットで調べてみると、今回のようにヒューズをかまして取り付ける方法が一番多かった。

  • 色々調べてみると取り付けパターンは3種類程あるみたい。
  • ①説明書のようにバッテリー直付け
  • ②今回のようにヒューズをかまして取り付け
  • ③配線の途中にONとOFFが切り替えできるスイッチを取り付け

この3パターンが考えられるみたい。

10月には九州ツーリングを控えているので、トラブルはなるべく避けたいので今回一番低リスクなつなげ方を選びましたよ。

この取付で間違っていたらまたツッコミくださいw

またみなさんもカスタムのトラブルは自己責任で(笑