【四国最南端】足摺岬、鰹のタタキ編・高知ツーリング

【四国最南端】足摺岬、鰹のタタキ編・高知ツーリング

【四国最南端】鍋焼きラーメン編・高知ツーリング」からの続き。

高知のB級グルメ「鍋焼きラーメン」、実に美味かったですなぁ~。

って満足してる場合じゃねぇ~よ!本日の最終目的地までの道のりは、まだまだ遠く険しい。

高知の道

それにしても高知の道も気持ちが良いねぇ~、まさに「田舎道」って感じがたまりまへん。

都会のコンクリートジャングルは、走れば走るほど疲労が溜まっていくんだけど、田舎道は色んな風景が見れるので楽しみながら走ることが出来る。

黒潮町の海

海が見えてキターー!海の近くに住んでいるのに、ツーリング先で海を見ると何回でもテンション上がるんだよなぁ~。◝(‘ω’◝)

ちなみのこの辺りは黒潮町だったかな?クジラが見れる町として有名みたい。クジラ見てみてぇ!

足摺岬に行きたいんだけど、めちゃくちゃ遠い。四万十に入った時点で後120kmとか書いてあったし、高松からだと片道270~280kmぐらい距離があると思う。。。

四国最南端の足摺岬

足摺サニーロード

「足摺サニーロード」、足摺って文字が出てきたってことは、目的地までだいぶ近づいてきたのかな?

四万十川

横に流れているのは、日本最後の清流と呼ばれる高知の「四万十川」です。四万十川というと沈下橋のイメージだけど、もうすぐ海になるのでイメージとだいぶ違ったね。

帰りに沈下橋も見て帰りたいんだけどなぁ~。

かつおニャンコとコーヒー

それにしても暑い~、かつおニャンコが干からびてしまいそうなのでコーヒータイム。

足摺サニーロード

海になったり山になったり、何時になったら到着することやら…

足摺温泉郷

「あしずり温泉郷」にゃ~♪

こんなところに温泉街があるんだね。よし!帰りに温泉入って帰るぞ~。(ง ˙ω˙)ว

あしずり温泉郷

残りあと数キロ、もうすぐで到着だぞ~。

足摺岬に到着

やった~!朝の10時に家を出て、15時頃に足摺岬に到着~。

足摺にゃんこ

足摺ニャンコがお出迎えしてくれたよ。

7月終わりの「【四国最東端】蒲生田(かもだ)岬ツーリング」に続いて、これで四国最南端も制覇!

ジョン万次郎

陽の光を背中に浴びる「ジョン万次郎」(逆光で写って無いだけですw)

南国高知

さすが南国高知!生えてる植物が南国風だね。

足摺岬の展望台

足摺岬が見渡せる展望台。

足摺岬からの眺め
足摺岬からの眺め

ここからの眺めは最高!長旅の疲れも忘れて写真を撮ってたよ。どこまでも続く地平線が広がる。

やっぱり太平洋はいいねぇ~。

足摺灯台への道

遠くに灯台が見えたので、せっかくなんで行ってみる。

展望台から灯台までの道は、雰囲気あるぅ~。

足摺岬の地獄の穴

なんだ、なんだ!こんなところに「地獄の穴」があるではないか…恐ろしいw

地獄の穴

地獄の穴?メッチャ小っさ(笑

他の人のブログを見ていると、この下にもう少し大きな穴が開いているらしい…

足摺灯台

これが足摺岬灯台、柵があるので上に上がることは出来なかった。

調べてみるとこの近くに天然記念物があるんだって~。

これは見とかないとダメでしょ。

足摺岬 亀呼場

これは天然記念物じゃないよ「亀呼場」と言われている場所。そのむかし弘法大師がここから亀を読んだら、亀が浮かび上がってきたんだって~。

亀石

先ほどの亀に続いてまた亀w

見ればわかるけど亀の形してるよね~。

他にも足摺岬には全部で7不思議があるらしいので、ぜひ足摺岬まで足を伸ばして自分で確かめてみてください。

足摺岬の道

まるでジャングルの中を歩いているような感じ。

白山神社

白山神社、これは崖を登らないとイケないから辞めとく。
だって暑いんだもん(´・ε・̥ˋ๑)

足摺岬の天然記念物

着いた~、ここに天然記念物があるみたい。

白山洞門

これが天然記念物に指定されている「白山洞門」これが自然に出来るってスゴイよね~。

足摺岬の白山洞門

まさに自然の驚異!何千年かけてこの形が出来上がったんだろうね~?

白山洞門の眺め

足摺岬、いいところだね。もっといっぱい見どころがあってゆっくり観光したいけど、あんまり遅くなるとしんどいから帰るよ。

温泉にも入って帰りたいし。

CB400SSとカツオにゃんこ

CB400SSお待たせ~、かつおニャンコも道案内ありがとうねぇ~♪

足摺岬を後にカツオのタタキを求め

足摺岬の帰り道

よし!帰るぞ~。

時計を見たら午後16時過ぎ、早くしないと真っ暗になってしまう。

足摺テルメ
足摺テルメ

足摺テルメ」ってところで温泉に入って帰ります。

宿泊とかも出来るみたい、温泉の他にもプールもあったりするので子供をつれてったら喜ぶんじゃないかな?

いや~、ツーリング先での温泉は最高~!最近飯ライダーとしてもそうだけど、温泉ライダーとしての活動も頑張ってます。

ツーリング先で温泉入ってない人は損してますよ。癖になるから一度入ってみて~。(´▽`)

いちご牛乳

温泉上がりのいちご牛乳、一気に飲み干してしまった。

スマホ充電バッテリー

いつもならツーリング先でこの時間になると、スマホの充電が少ない。

となるんだけど、今回からは大丈夫!

この前買った「スマホ充電バッテリー」が大活躍してくれました。

温泉入っている間に充電が満タンになってる~、メチャ便利。

よ~し、後は高知市内で本日の最終イベント「カツオのタタキ」を食べて帰るぞ!

夕暮れの高知県

高知の夕暮れ時、いつの間にやら日が落ちてしまった。

帰りに四万十川の沈下橋を見て帰りたかったけど、これでは無理。しかたがないから今度リベンジするよ。

また高知に来る理由ができた。

高知の夜

昼とはうって変わって、涼しくなってきた~。

カッパを着る

涼しいを通り越して寒くなってきたー。((;゚Д゚)); ガクブル

こんな時はカッパが便利、風を通しにくい素材なので防寒具としても使える。

去年の九州ツーリングの時も大活躍してくれた。

高知市内でカツオのタタキを食べようと思ったんだけどこのペースだと高知市内に入るのが22時近くになりそう。

これはヤバイ、お店が閉まっちゃう。

しかたがないので、近くでカツオのタタキを食べれそうなところを探してみたんだけど、すでに閉まってますw

カツオのタタキは断念の予感。

ゆういんぐ四万十

とりあえず休憩をはさみながら、少しでも先に進みます。

ここは道の駅? 「ゆういんぐ四万十」?

ゆういんぐ四万十

どうやら土産物を売っているみたい。

ゆういんぐ四万十の食堂

あら、、、食堂もあるじゃありませんか。

お腹空いたしカツオのタタキは断念して、ここで何か食べて帰ろう。

せっかく高知まで来たので、カツオのタタキ食レポしたかったんだけど、しゃーない。

カツオのタタキ定食

ふふふw

ご飯の神はワタクシを見放してなかった、カツオのタタキ定食1,200円なり~。

カツオのタタキ

カツオのタタキって鮮度によって味が全然違うので、ちょっと名の通ったお店で食べたかったけど仕方がない。

せっかくカツオのタタキに出会えたので、贅沢は言いません。

カツオのタタキ

ニンニクスライスを薬味に、ポン酢で食べます。

ハムハムハム…

ん?

ん?

んめぇ~~~!

食べた瞬間にワラ焼きの香ばしさが口に広がる~、スーパーで買ったカツオのような生臭い酸味は無く、新鮮は魚の脂の甘みが~。

これはアタリのカツオだわ。

カツオのタタキをワサビで食べる

ワサビでカツオのタタキを食べるのは初めてだったけど、これは気に入った。

新鮮なカツオだから美味しいんだろうけど、カツオの脂とワサビが相性バツグン。

ご飯がススム、ススム~♪

ぷはぁ~、美味しかった~。

美味しいもの食べたら疲れも和らいだよ。

夜の高知道

さて、後は高速道路でひたすらカッ飛ばして帰るだけ。

さすがにこんな真夜中にバイクで高知道を走っているのは、ワタクシぐらいのものでしたね。

夜中の高速道路は状況判断がしにくいから怖い。

芋餅

朝10時に家を出て、帰ったら夜中の午前1時だった。

高松市内から往復で550kmぐらい?15時間ほどのツーリングでしたー。

良い夏の思い出になったよ。

お次は何処に行こうかな~?

[amazonjs asin=”4398277455″ locale=”JP” title=”まっぷる 高知 四万十 足摺・室戸 ’16 (国内 | 観光 旅行 ガイドブック | マップルマガジン)”]