【清流日本一】高知県仁淀ブルー安居渓谷編

【清流日本一】高知県仁淀ブルー安居渓谷編

【清流日本一】高知県仁淀ブルー中津渓谷編」からの続き

中津渓谷が想像以上に良かったのでかなり満足したのですが、今回の本当の目的地はコチラではないんですよ。

中津渓谷の景色

うーん!素晴らしい景色!

こんな綺麗な景色を、バイクに乗って眺めれるって本当に幸せですよね。

青い空、緑の山々、どこまでも続く道、これさえあればご機嫌!

国道を走るバイク
クーリッシュ

それにしても暑い、体を冷やしながら走らないと危ない。

休憩にはクーリッシュで体をクールダウン。

四国の国道

あー!気持ちいい!

日常を忘れ、道なりにバイクを走らせるのは本当に気持ちが良い。

仁淀川

ここら辺一帯に流れるのは「仁淀川」と言って、すごくキレイな水が流れています。

日本国内でも最も綺麗な水で、その独特の青さから「仁淀ブルー」と呼ばれているようです。

みかえりの滝

道路際に滝発見!どうやら「みかえりの滝」と言うらしい。

みかえりの滝
みかえりの滝

橋の上からしか見れないのでわかりにくいですが、なかなか見事な滝です。

仁淀川の水

うわぁ!ヤバいヤバい!本当に綺麗な水。

え?こんなきれいな水が本当に川に流れてていいの?ってレベルの透明度です。

安居渓谷に到着、日本一の清流に出会う

安居渓谷

目的地の「安居渓谷」に到着、石に彫られた文字にちゃんと安居渓谷って書いてあるでしょ。

CB400SS

バイクを停めて、渓谷へと降りていきます。

安居渓谷
安居渓谷

まるで豪華な日本庭園に来たみたい!

山奥の渓谷ですがシッカリと整備されていて、メチャクチャ綺麗です。

和の調和とはこの事か!

安居渓谷

なんども言うけど水が本当に綺麗!

中津渓谷よりも安居渓谷の方が水がキレイです。この辺りが一番水がキレイなんじゃないかな?

安居渓谷の道

まるでジブリの世界、ふっとトトロにでも出会えそうな道を進んで行きます。

安居渓谷
安居渓谷

ゴツゴツとした岩ばっかりなんだけどさ、自然の温かみに包まれているような、そんな場所です。

安居渓谷

うわっ!なんだここは?入れるのかな?

安居渓谷
安居渓谷

中は少し広くなっていて、進めば川が現われました。

子供の頃だったら、ここを秘密基地にしよう!と考えそうな場所ですね(笑

旅の目的地「水晶淵」へ到着

安居渓谷「水晶淵への道」

アジサイも綺麗に咲いています。

ここのアジサイはあまり日光に当たっていないせいか、色あせることなく温かく繊細な色使いで、ワタクシの目を楽しませてくれます。

安居渓谷「水晶淵への道」

誰も人が居ない、こういう場所で一人っきりが好き。そんなワタクシです。

仁淀川

すっごい透明感、潜ってみたいな。

でもメッチャ冷たい、潜ったら心臓止まるかも?そんなチキンなワタクシです(笑

水晶淵への道
水晶淵

ドンドンと川上に登って行くと、滝が見えてきた。

あれが今回の目的地だ!

水晶淵

旅の目的地「水晶淵」へと到着。

水がふんだんに流れています。

水晶淵

普段はこんなに水が多くなくてもっと穏やかみたいですけど、本日は雨の影響で水量が多いみたいです。

これでも少し濁っているみたい、本来はもっと碧く輝いている模様。

それでも凄い透明感で、心が洗われるのが自分でもわかります。

美しいですね!凄いパワー貰いました。

安居渓谷

さて、目的の「水晶淵」に出会えたし満足しました。

帰りましょうかね。

安居渓谷
安居渓谷

あまりの美しさに、何度もバイクを停めて魅入ってしまう。

澄んでいるっていうのは、こういう事なんですね。

安居渓谷からの帰り

しつこい?(笑

いやいや、本当に美しいんですよ。

高知県「名越屋沈下橋」

高知県の国道

美しい景色たちが名残惜しいけど次に進むよ。

とりあえず高知市内に抜けて、そこから高速道路で帰ろうと思います。

でもただ帰るだけじゃ勿体ない。

名越屋沈下橋

帰る途中に名所をひっかけて行きます。

名越屋沈下橋

高知県のいの町にある「名越屋沈下橋」。

せっかくなんで本格的な沈下橋を見て帰りたかったんです。

道の端に柵がないので、渡るときにやっぱりちょっと不安な感じ(笑

名越屋沈下橋ツーリング

ふぁーーー!良い景色。

CB400SSと名越屋沈下橋
CB400SSと名越屋沈下橋

CB400SSと名越屋沈下橋の記念写真、ずっと沈下橋でバイクの写真撮ってみたかったんだよね。

四国でバイクに乗っていたら、一度は写真を撮ってみたい風景ですよね。

高知のチンチン電車
回転すし

この後は高知市内で回転すしを食べました。

写真あんまり撮ってない、1人で3千円ぐらいとられた。う~ん美味しかったけどちょっとお高い!

この後は高速道路で高松まで帰りましたとさ。

おしまい、チャンチャン♫

[amazonjs asin=”4838105770″ locale=”JP” title=”日本の原風景 滝”]