九州ツーリングまとめ

九州ツーリングまとめ

九州ツーリングまとめ「2015年度版」

終わってしまった九州キャンプツーリング。

楽しかったなぁ~。。。。

さて、今回のツーリングをレポートにはしましたが、せっかくなので今後九州キャンプツーリングに行く人もたくさんいると思うので、少しまとめてみたいと思います。

九州キャンプツーリングあらすじ

九州ツーリングまとめ

職場の同僚が1週間のリフレッシュ休暇を利用して、毎年キャンプツーリングに出かけているので、誘われる形で今回の九州キャンプツーリングへと参加させて頂きました。ワタクシはキャンプツーリングが初めてなので、戸惑うこともおおかった(笑

また台風やバイクトラブルなどにも遭遇して、ドタバタツーリングとなってしまいました。最後は台風による中断も余儀なくされてしまいましたが、振り返ってみると非常に楽しいツーリングだったと思います。

九州キャンプツーリング記事一覧
【積載アップ】CB400SSにリアキャリア搭載
【DIY】CB400SSにリアボックス取り付け挑戦
【目前】キャンプツーリングの準備
【九州1日目】愛媛のしらす丼、ハーレートラブルキャンプツーリング
【九州2日目】大分県の六ヶ迫温泉、臼杵城跡キャンプツーリング
【九州2日目】宮崎県チキン南蛮、宮崎白浜オートキャンプツーリング
【九州3日目】宮崎県青島神社、堀切峠、道の駅フェニックスキャンプツーリング
【九州3日目】宮崎県の海鮮丼、サンメッセ日南キャンプツーリング
【九州3日目】宮崎県の都井岬、神川キャンプ場でキャンプツーリング
【九州4日目】鹿児島県指宿の砂風呂キャンプツーリング
【九州4日目】鹿児島県のうなぎ、元祖白クマキャンプツーリング
【九州4日目】鹿児島県の桜島、霧島高原キャンプツーリング
【九州5日目】霧島湯の谷温泉、霧島神宮キャンプツーリング
【九州5日目】熊本ラーメンキャンプツーリング
【九州5日目】熊本城キャンプツーリング
【おまけ】トラブル続き九州キャンプツーリング終焉

ツーリング期間:10/7~10/12まで

九州ツーリングまとめ1

九州ツーリングの時期は10月の中頃、本当は9月の中旬に予定してたんだけど、10月の中半になってしまった。

しかし10月の中半は、なかなかよい時期だと思いました。暑くないし少し涼しいぐらいですごく寝やすかった、キャンプツーリングに最適な時期だと思います。ただ、今回は運が悪く台風と重なっちゃいましたが。。。

ツーリング費用

ツーリング予算

ツーリングにかかった費用は四国から出発する人たちには参考になるかもしれませんね。

出発まで:出発までにかかった費用はバイクにBOXを取り付けるのに8千円ぐらい、寝袋などの道具に1万円ぐらいで他に雨具や非常食代など合わせて3万円ほど、ワタクシの場合は一緒に行く人達が「テント」「コンロ」「BBQ」道具など用意してくれたので、低予算で済みました。

1日目 香川~愛媛まで:一日目は朝食のうどん代500円、「飲み物」260円、SAで食べた「じゃこカツ」150円、高速代2,390円、自炊の焼きそばお酒で1,020円、ガソリン代1,266円で:合計5586円

2日目 愛媛~大分~宮崎まで:二日目は愛媛から大分までのフェリー2,610円、フェリー内でのカップ麺250円、六ヶ迫温泉500円、おやつのコーヒーとパン260円、チーズ饅頭135円、鯵のお寿司300円、チキン南蛮定食(大盛り)1,360円、ANAホールディングスインリゾートの温泉550円(割引チケットあり)、テントサイト350円、夜の宴会代1,250円、ガソリン代632円で:合計8,177円

3日目 宮崎:三日目はマンゴーソフト330円、エビソフト330円、海鮮丼1,400円、サンメッセ日南入場料700円(カート代900円)、ボテの葉団子350円、都井岬通行料100円、灯台入場料200円、トロピカルガーデンかみかわの温泉300円、夜の宴会(晩御飯、お酒)1,830円、ガソリン1,954円で:合計8,394円

4日目 宮崎~鹿児島:四日目は神川から指宿のフェリー代1,600円、さつま揚げ120円、砂楽の砂風呂900円、指宿サイダー220円、道の駅のチキン400円、うな重1,420円、しろくま(かき氷)510円、BBQ代(食材、酒代)1,800円、ケビンサイト1,600円、ガソリン代805円で:合計11,355円

5日目 鹿児島~熊本~大分~愛媛:5日目はSAでおやつの長崎ハトシ140円、中津からあげ230円、高速代2,410円、熊本ラーメン1,100円、熊本城の入場料500円、いきなり団子150円、別府から愛媛のフェリー5,980円、ひょうたん温泉750円、晩飯代980円、ガソリン代1,196円で:合計13,436円

6日目 愛媛~香川:八幡浜ちゃんぽん630円、おにぎり180円、高速代4,670円、ガソリン代1,728円で:合計7,208円

費用はみなさんかなり気になるところではないでしょうか?かなり詳細におやつ代なども入れてみました。全体の合計を見てみると84,156円となり、テント場の費用などは3人で割った費用なので、一緒に行く人の人数によって前後してきます。

この費用を高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれ、ワタクシ的には四国から東京ディズニーランドに行って一泊でもすればそのぐらいの費用はかかるので安いと思うんですけどね。。。

九州ツーリングスポット

桜島とCB400SS

今回ツーリングスポットに関しては、行けなかったところが多かった。自分たちが立てたスケジュールよりも全然時間が足りない、今後の反省点ですね。そこで行ったところはブログを読めばわかるので、行きたくて行けなかったところをまとめてみました。

大分県で行けなかったところ地獄めぐり」「九州自動車歴史館」

大分では最終日に一日余裕を持って、地獄めぐりをしながら美味しいものを食べて、ゆっくりするはずだったんだけど、台風で前倒しで帰らないといけなくなったので、全く楽しめてない(汗

宮崎県で行けなかったところ高千穂峡」「鵜戸神宮」「日向岬

宮崎県はツーリングスポット満載で、行きたいところが多かったのに全然イケてない(涙 ってか宮崎県広すぎるよ、時間がかかりすぎて色んな場所をカットせざるをえなかったw 宮崎県を楽しみたいなら余裕を持ったスケジュールにしましょう。

鹿児島県で行けなかったところ佐多岬」「桜島の麓」「西郷隆盛銅像」「雄川の滝」「城山展望台

鹿児島も宮崎と同じで、きたいところはたくさんあるのに大きすぎて周れません(笑 それなりに周ろうと思ったら鹿児島だけで3日は必要だなw

熊本で行けなかったところ阿蘇山」「やまなみハイウェイ」「白川水源

熊本に関しては阿蘇山に行けなかったのが残念でならない、まさかタイミング悪く台風が来るなんて…

九州はツーリング名所の宝庫九州ってツーリング名所がいっぱい!探せば探すほど出てくるので、一回とは言わずに何回でも行けそう、ここに挙げた以外にもまだまだあるので各自でも調べてみてください。

九州ツーリンググルメ

うな重の完成

九州はツーリングスポットも多いですが、美味しい物も多い!ツーリングするからには景色だけじゃ満足できないっす!ただ、胃袋と費用に限界があるので、食べたくても食べれなかったものもたくさんw

大分県で食べたかたったもの「あつめし」
関さば
ゆふいんバーガー
ゴールデンチーズケーキ
ぷりんどら

大分といえば関サバが有名ですよね、食べたかったけど今回はチャンスが無かった。

宮崎県で食べたかったもの
冷や汁
高千穂バーガー
地鶏の炭火焼き
太陽のタマゴ(完熟マンゴー)
なんじゃこら大福

宮崎県に関しては食の宝庫すぎる…あげたらキリがない。ただ、ブランド化されすぎて値段が高い!

鹿児島県で食べたかったもの
鹿児島ラーメン
鹿児島黒牛
黒豚のとんかつ
黒豚のしゃぶしゃぶ
唐芋レアケーキ
かすたどん

鹿児島に関してはやはり黒豚か鹿児島牛が有名なんだけど、どっちも食べれなかった。何故かうなぎを食べましたけど(笑

熊本県で食べたかったもの
馬刺し
からしれんこん
阿蘇ビール
馬カレーライス
阿蘇小国ジャージーヨーグルト

熊本に関しては馬刺し食べたかったなぁ~。予算が合わず食べれなかっちゃのが残念。

九州ツーリングでのトラブル

九州ツーリングでのトラブル

ツーリングにトラブルはつきもの、6日間もツーリングをしていれば色々な困難に遭遇してしまいます。そんなトラブルをまとめてみました。

バイク故障のトラブル:今回はハーレーが動かなくなってしまい、かなり時間を食ってしまう事になりました。そんな時の対処法として、やはりロードサービスに加入しておくのは良いと思いました。JAFなりレッドバロンで購入したならレッドバロンのロードサービスとか、今回は完璧にロードサービスに救われましたね。

天候のトラブル:タイミング悪く台風と九州ツーリングとカブってしまい、天候には悩まされました。そんな時に雨具と長靴が必ず必要になってきまので、必ず持って行きましょう。今回は防寒具(防風具?)としても大活躍しました。

スマホの悩み:ワタクシが困ったのがスマホやデジカメの充電です。スマホが動かないと調べ物やもしかしたらはぐれて、連絡をとらないとイケない場面があるので、充電器切れはすごく困ってしまいます。電池式の充電器を持参したのですが、途中から認識しなくなってしまい、バッテリーから充電する充電器を借りて充電することとなりました。

田舎はお店の閉店が早い:ツーリングとなると、景色の良い「山々」「海」「田園風景」を求め田舎を求めて進んで行く事になります。ふと気がつけばもう良い時間、そろそろご飯が食べたいと飲食店を探すが閉店していたり、コンビニを探してもコンビニが無く食材も買えない場合があります。そんな時のために非常食は必ず用意したほうが良いですね。

キャンプ場が便利キャンプのために充電式のランプを持っていったのですが、食材の調理時などには光が弱く、あまり役に立ちません。ちゃんとしたキャンプ場を選んでおけば、明かりが用意された調理場が用意してあるので、すごく便利です。

九州ツーリングの走行距離

九州ツーリング走行距離

今回の旅の総走行距離は1,275キロとなりました、下道メインなのでもしかしたらかなり余計な距離も走っているかもしれませんね。

さて、今回のまとめはこのぐらいにしておこうと思います。疑問などあればコメントでもよし!自分で行って確かめるもよしです!

[amazonjs asin=”4533095674″ locale=”JP” title=”るるぶ九州’14~’15 (国内シリーズ)”]