自動普通二輪免許教習9日目

自動普通二輪免許教習9日目

教習も本日が最後となってしまいました。

別に学校でそんなに深い思い出があるわけじゃありませんが、なんだかさびしい感じもしちゃいますね。

ニュースの天気予報を見ていると、来週あたりから梅雨入りでもしちゃいそうな感じなので、まぁタイミング的にはすごくGOODなんですよ。

雨の中の教習はもう嫌なんで、予定通りの卒業であれば、無事に梅雨を迎える前に卒業ができそうです。

二段階第8時限目(1,2コース反復)

次の時間が第二段階の「見極め」なので、今回が担当の先生の最後の授業となります。

もう教えてもらうことはないので、とりあえずコースを走って見極めに備えるのみです。
肩の力を抜いて、いつも通り走ろう!などと考えている時点でいつもと違うと自分自身で思っていますね。

案の定「急制動」が上手くいきません!

ちょっとは自分でも気がついているのですが、視線がメーターばかり向いてしまい、ブレーキをかけるタイミングが早くなってしまっているようですね。

もう時間もない最後の一回、とりあえず目線を変えてみようとメーターはある程度まで見ておいて、40キロを超えたらあとは視線をもっと周りに向けてみることにしました。

するといつもより景色がよく見えるではありませんか。

こうして周りが見えてくると「ああ、難しいことじゃないのかも?」とか思えてくる余裕が出てきます。

そして最後の一回は…….OK!
この感覚を忘れないようにしなければ。

そしていつもより少し早めに終わり、「担当の先生より最後のお言葉」。

運転のアドバイスよりも安全についてのアドバイスが多かったです、「バイクの選び方」や「身の守り方」など。

卒業生が事故死してしまったことなども、話してくれました。

ワタクシはそこまで思い出に残る生徒ではないかもしれませんが、それでも自分の教えた生徒ならば「事故を起こしてほしくない」という思いは伝わった気がします。

先生がそれでは最後の授業ありがとうございました。と

これは上手く「見極め」「卒検」に合格すればの話で、失敗しちゃうとまたお世話になってしまいます。

二段階第9時限目(見極め)

休憩時間にコーヒーを飲んでちょっと一息。

ただいま禁煙2カ月目でタバコは別に吸わなくても大丈夫状態でしたが、このときはなんだか久しぶりにタバコが吸いたくなっちゃいました。

吸ってしまったらすべてが水の泡になってしまうので、吸いませんが…

さあ見極めです!

とりあえず1,2コースを順番に周ります。
まずはバイクの始動まで

後方確認→バイクを立てる→スタンドを払う→キーを回す→セルを回す→後方確認→ギヤを入れる→出発

ワタクシ「先生では行ってきます!」
先生「その前にバックミラー確認はちゃんとしてね~!」
う……いきなりの凡ミス!大丈夫か?俺!

しかし、こんなミスぐらいで動揺はしません!

ワタクシはもう「ええお歳」!仕事のトラブル!人付き合いのトラブル!など社会経験は一通りこなしています、そこらの高校生よりは強いんです!

などとよくわからないとこを自分に言い聞かせながら、ミスを帳消しにしようと必死に!

その甲斐もあって見極めは「合格」

苦手な急制動も難なくクリアです。

後は卒業検定のみ!
さあて帰ってたっぷりイメージトレーニングだ!

緊張してコースだけは間違わないようにしなければ。

[amazonjs asin=”4883934411″ locale=”JP” title=”現役指導員が教える普通自動二輪免許パーフェクトガイド―技能教習の標準に準拠”]