自動普通二輪免許初教習

自動普通二輪免許初教習

本日はいよいよ初教習となりました、少し緊張の中自動車学校へと向かいことにします。

まずは適性検査!(視力検査、心理テストみたいな筆記)

10年前ぐらいの車の教習を思い出しました。

適性検査も終わり、自分の前の席に座っていた人(この人も二輪を受けるらしい)とロビーで再会!

二輪ですか?とさりげなく声を掛けてみる!待っていましたとばかりに「そうです」!

いきなり会話が弾みました。どうやら小豆島から教習所に通っているらしい。
バイク何狙っているんですか?など、狙っているバイクは似ていて話が弾みました。

そこで、つい言葉が出ました。

免許取れたらツーリングなんてどうですか?

「いいですね!」と即返答!携帯番号メルアド交換です。

免許取れたら絶対誘いますからね「Kさん」。僕は社交辞令は出来ませんので。

一通り会話が終わったタイミングで学校のチャイムが。

本日は自動車学校も暇なのか、いきなり乗っちゃいますか?と先生が…
い、いっちゃいます!乗っちゃいます!

教習1時限目(バイクの説明とバイクの起こし方!)

バイクはHONDAの「CB400SF」スーパーフォアですね。

これが重いWikipediaで調べてみると、乾燥重量170Kgって書いてあります。

押すのだけでも一苦労!スタンドを立てるのにも一苦労!

しかし、そこは先生しっかりとコツを教えてくれましたよ。
さすが先生だいぶ楽になりました。

さて、ワタクシ一応原付のミッション車には乗ったことがあると説明していたので、先生も「では行っちゃいますか?」と一声!

エンジンを掛けるためにセルを回す「キュルル~!」「ドルンドルン」ワタクシの顔はニンマリ!

短いコースをゆっくりと回る!何処かぎこちない。400CCのパワーに慣れていないためだ。

周りから見たらカッコワルイ!
しかし面白い!
数周、回った所でもうお時間。

先生は「もう1時限いっちゃいますか?」

教習2時限目(右折、左折とコースを覚える!

1時限目でミッションのコツと400CCのパワーに少しなれました。

右折、左折も結構スムーズにこなせました。

先の「Kさん」も違う先生と走っていたので、お互いにテンションも手伝って野郎同士が手を振り合っています。(そのぐらい楽しかった)

1段階目のコースも覚えました。

先生が言うには、凄い生徒さんも一杯いるので、ワタクシみたいな原付ミッションを乗ったことがある人は、楽でいいそうです。

そうです!凄い人も一杯いるらしいです。

アクセル回しすぎで「いきなりこけちゃう人」「ぎゃーぎゃーわめく人」など色んな人が教習に来るわけです。

免許を取りたいけど怖いな~!とか思っていて一歩が出ないという人も大丈夫ですよ~。

教習所

という感じで初教習は終わりです。3時限目以降もスムーズに行けばいいのですが…

[amazonjs asin=”4883934411″ locale=”JP” title=”現役指導員が教える普通自動二輪免許パーフェクトガイド―技能教習の標準に準拠”]