CB400SSをキック始動してみる

CB400SSをキック始動してみる

ワタクシのCB400SSは2006年式でセルスターターなるものが付いています。

キックスタートなんてしたことなかったからセル付きのCB400SSを買ったようなものなのですが、せっかくキックが付いているので、最近ではいつも3回までキックでがんばってエンジンがかからなかったらセル始動しています。

キックでエンジン掛けた方がかっこいい!っていうのもありますね。

最近では結構な確率でキックでエンジンをかけれるようになってきました。

CB400SSキック

コツとしては、まず

1.キックをゆっくりと一番下まで踏み込みます、ワタクシは踏み込んで少しだけ時間を置きます。

2.キックを一番上まで上げゆっくりと硬くなるところまで(上死点を探しだします、感じ的にはキックが水平から上20度ぐらいのところにあります。)下ろします。上死点で止まらなければ何回かチャレンジして探し出してください。

3.そして一気にキックを勢いよく振り下ろすのですが、足の力で振り下ろすよりは、キックに全体重を乗せ落ちる感じにすると上手くいくような感じがします。

ワタクシも初めは一生懸命足を曲げて伸ばす力でキックスタートを頑張っていたのですが全然エンジンは掛りませんでした。

左足をステップに乗せ、右足をキックに乗せ、ジャンプ、足を下に伸ばし体重を乗せ振り下ろす!

これで最近ではかなりの確率でエンジンスタートしてます。

注意事項はキックを何回も失敗してしまうと、バッテリーがあがってしまうらしいです。

またワタクシは食らったことはありませんが、ケッチン(キックを振り下ろしたときに逆に戻る力が加わる、反動?)により怪我をすることもあるらしいので気をつけてください。

アンタ間違っているよという意見があればコメントにて書き込みお願いします。(笑

キック始動できた方がなんとなくかっこいい気がするので、みんなもチャンレンジしてみてくださいね~!

[amazonjs asin=”427806019X” locale=”JP” title=”はじめてでもできるバイク・メンテナンス&洗車最新マニュアル”]