CB400SSウインカーの調子が悪い

CB400SSウインカーの調子が悪い

ふと運転しているとなんかおかしい?

おや?
どーしちまったんだい?おいらのマシン!
タコメーターの中にあるウインカーランプがなんだかとても元気!

とっても軽やか軽快に「パッパッパッパ」と速い速い!
もう壊れた?

とりあえずバイク屋に持って行こうか?

いや…..

変にお金取られるのは嫌だし…..
色々なことを考えてしまう。

ここでパニックっては駄目だ!落ち着いて冷静に!
現状把握・分析!

もしかしたらバッテリー異常かな?だとしたらお金がかかるからいやだな~、トホホ…

とりあえず一旦指示器OFF!

そしてON…
治りません…
逆の指示器をON…

ん?こっちは正常だぞ?
トラブっている方の指示器をONして実際にウインカーもチェック!

おお、後ろのウインカーは光っているけど前のウインカーは光っていない。
この辺が怪しい….

ということは、前のウインカーのランプが切れているから電流が後ろばっかりに行ってしまい、点滅が速くなっているのかも?
など大して大胆でもない仮説を立ててみました。

とりあえずウインカーの中を開けてみよう、もしかしたら電球のフィラメントが切れているのかも?

ん….
切れていない、ということはバッテリー異常なのかな?…..しょぼーん。
お金が掛る。

とりあえず電球を元に戻してもう一回チェックしてみる。
あれ….
治ってる!

わーい!わーい!頑張ったから神様が直してくれたんだー!
ってそんなわけありません。

結局電球の接触不良だったのかな?
ぬか喜びでまたなりそうな気がする…

[amazonjs asin=”4415319629″ locale=”JP” title=”自分でやりたい人の最新バイク・メンテナンス”]