一泊淡路島ツーリング「onokoro、BBQ編」

一泊淡路島ツーリング「onokoro、BBQ編」

一泊淡路島ツーリング「淡路島上陸編」からの続き

やっと着いた「淡路島津名一宮付近竹谷のファミマ」無事着いてよかった~!

みんなも今着いたところらしい、約一月ぶりぐらいでしょうか?

全然久しぶり感はなく、初対面のマックともよそよそしさもなくすぐに打ち解けました。

もたもたしている暇もなく、早速今夜の宿をとりあえず確認しに行く。

みんなが乗っている車が何やらウロウロしている?不審?近づいてみると窓が開き「場所が分かりません!」とのこと。

地図を見せてもらったのですが、手書きで分かりにくい!

30分ぐらい迷って怪しい脇道発見!こんなところに家なんて有るのかな~?と坂道を登るとそこには

デデ~ン!ドラえもんのスネオの家みたいな別荘発見!

築50年ぐらいでずっと別荘として使っているそう、さすがお金持ち一族。

リビングは20畳ぐらいあり、庭も広く贅沢過ぎるほどの家、BBQは浜辺でしようと思っていましたが、庭で十分できるではないですか。

~~~12時過ぎ早速遊びに~~~

荷物を置き早速遊びへとGO!

ワタクシもバイクから車に乗り換え、疲れていたのであ~楽ちん、しかも涼しい~!
そして付いた先がココ

淡路ワールドパーク「onokoro」です。

お昼もついでにココで食べました、カレーや淡路島特産品を使った料理もありましたが、ワタクシは「鳥の照り焼き丼」を食べました。

まずは子供たちを連れてオカリナにペイントをする体験アトラクションへ!
上手やね~よりも「下手くそ!」とののしったりした方が喜んでくれます。

さすが大阪の子!ふざけて書いているので、実際お世辞にもウマいとは思えません。

世界のミニチュアワールドを見て周るヘリコプターに乗れるらしいですが、一人3000円そしてワタクシは高所恐怖症!乗るはずがありません。

そんなに広くないので丸一日はつぶせませんが、子どもと一緒なら長時間楽しむことは可能だと思います。

ひゃ~しかし暑い!子どもたちはMAXハイテンションの疲れ知らずですが、大人たちはそんなのに付き合いきれません。

休憩は多めです。

~~~16時夕食準備~~~

スーパーに買い出し!BBQの材料やらお酒子どもたちのジュース、お菓子など。

スーパーには淡路牛が無かったので、お肉屋さんを教えてもらい専門店へと向かう「あ~やっぱりいい値段しますな~!」最近は地方牛がブランド化しつつあり、何処の牛もそれなりの値段をとりますね~。

女性が多いので頑張って墨に火をつけるワタクシ、子どもたちにも勉強させてあげようと思いましたが、NINTENDO-DSに夢中でそれどころではないみたいです。

sunset!別荘からはオーシャンビューで海が一望できますが、少しタイミングを逃してし待った夕日。

~~~19時ごろ夕食準備完了~~~

後は食えや飲めやの大騒ぎです。

外で星を見ながらのBBQは最高で、お酒も進みます。

淡路牛も柔らかくて美味しい、もう一つの名産玉ねぎもみんなウマいウマいとガッついていました。

このメンバーの女性陣はお酒が強い!男顔負けに飲みまくり、そういえば昔は夕方18時ぐらいから朝方までみんなとよく飲んでたな~。

その後、子どもたちは「花火」に夢中!NINTENDO-DSのことなど忘れ、スイカを食べながらはしゃぎまわっていました。

これぞ日本の夏です。

マックはもともとは単車乗りで、只今大型二輪を取得しようか考え中!とりあえず単車乗りが増えるようにPUSH!

そしてワタクシは子供たち二人を連れてお風呂に!うぎゃ~!でっかいクモが~….タランチュラぐらいの大きさでかなり怖いです。排水溝へと逃げて行きましたが…..

まぁ~子どもたちははしゃぎますわ~!洗髪していると、ここぞとばかりにワタクシのオチムチムを責めてくるので、こちらも応戦してやりましが、子供も二人となると結構強いです。

~~~02時ごろご就寝~~~

みんなも疲れたのか寝初めました。

まだしゃべっている人もいますが、ワタクシもここらでダウン。
どうかあのでっかいクモが寝ている間に出てきませんよ~に!

その1一泊淡路島ツーリング「淡路島上陸編」

その3一泊淡路島ツーリング「海水浴、帰宅編」